ヒオス島のマスティハ マスティック
通信販売 原料販売|ギリシャ食品

エスティア日本はマスティハ正規取扱店です。
ギリシャ ヒオス島|健康食品 化粧品 原料

         TOP >  マスティハを知る・楽しむ


 
マスティック_マスティハはギリシャ・ヒオス島だけに生育する木です。PDO
マスティハは英語名をマスティック(Mastic)といいます。
 
ギリシャヒオス島 マスティック_マスティハとは?Chios Gum Mastic PDO
 
ギリシャ・ヒオス島 マスティック
      地中海沿岸に分布するウルシ科の木Pistacia lentiscusの中でも、ギリシャ・ヒオス島だけで栽培されるマスティハの木(Pistachia Lentiscus var.Chia)の樹液です。
この木の幹や太い枝に傷を付けると、傷口をふさぎ細菌やバクテリアから自らを守るために
透明な樹液が浸み出します。これを自然に乾燥したものが「マスティハ」(マスティック)です。

不思議なことに、ヒオス島のマスティハには数々の健康効果が認められ、世界各地で薬や食品や化粧品に使われています。ギリシャを代表する有名な自然食品です。


● ヒオス島のマスティハ(マスティック)は、EUの原産地呼称保護(PDO)に認定された食品です。
 
マスティハ,マスティック,樹脂,ギリシャ,効果,原料,化粧品
2014年12月、ユネスコの無形文化遺産に登録が決定しました。
 
 ギリシャヒオス島 マスティック_マスティハの医学的効果 PDO  ギリシャヒオス島 マスティック_マスティハの歴史 PDO  ギリシャ・ヒオス島 PDO マスティック_マスティハを使った化粧品・お料理・スイーツのレシピ
                         ギリシャ・ヒオス島 PDO マスティハ(マスティック)の食べ方  どう食べればいいのでしょうか?

ギリシャ・ヒオス島の「マスティハ」は、天然ガムです。
上白糖より黒砂糖、白米より玄米が体にいいといわれるように、天然ガムにはチューインガムにはない効果がたくさん詰まっています。

食感はチューインガムより少し硬めですが、ほとんど変わりはありません。甘いフルーツやミントの味は付いていません。ほのかにさわやかなヒノキに似たマスティハの木の香りがします。
キャンディーのように口の中で溶けてなくなることはないので、いつまでも噛んでいられます。
マスティハはそのまま飲み込んでも健康に害は及ぼしません。
一般に推奨されている食べ方(噛み方)は1日1g〜1.5gを1時間です。これは1日のうち何回かに分けて口にした合計の量と時間です。
    (現在までにマスティハを噛んでいて、歯の詰め物がとれたという報告はありません。)

マスティハはお料理やお菓子作りの材料にも使われています。
ヒオス島 PDO キオス・マスティハ・ティアーズMサイズ 20g 缶入り 1400円 ヒオス島 PDO 「キオス・マスティハカプセル」 成分を効果的に吸収できる超微粒子マスティハパウダーだけのサプリメント。マスティック


 
                         ギリシャ・ヒオス島 マスティハ(マスティック)の栽培から出荷まで  マスティハの栽培方法は?

マスティハ(マスティック)の産地ギリシャ「ヒオス島」の地図 原産地呼称保護PDO|ギリシャ・ヒオス島
 
マスティハ(マスティック)の木の剪定作業が終わると、木の根元の土を整え炭酸カルシウムの白い粉を敷き詰めます。|ギリシャ・ヒオス島 PDO エーゲ海の東端、トルコと国境を接する所にヒオス島は位置します。
この島の南東部でマスティハの木は栽培されています。

1月〜2月はマスティハの木の剪定作業を行います。

春になると一本ずつ木の根元の土をならし炭酸カルシウムの粉を
敷き詰め、夏の収穫シーズンまでにすべての準備を整えます。
7月になるとマスティハ(マスティック)の採取は始まります。(右)マスティハ(マスティック)の流れ落ちる様子から「キリストの涙」とも呼ばれます。|ギリシャ・ヒオス島 PDO 7月、マスティハの木の幹や太い枝に傷をつける作業をスタートします。
この傷から流れ出る樹液は、15〜20日間そのままの状態で放置します。
つまめる硬さになったところで、ていねいに収穫されます。
これがヒオス島の「マスティハ」です。

収穫作業は9月末までの約3ヶ月間続きますが、
1本の木からはたった150g〜180gのマスティハしか採れません。

12月、マスティハの木の枯葉を肥料に与えて、
次のシーズンまでしっかり木を休ませます。

木肌を傷つける作業は「ケンティマ」と呼ばれ、すべて人の手で行われます。
千年以上変わらない方法と道具を使います。
マスティハ(マスティック)の採取・洗浄・選別すべての作業は人の手でていねいに行われます。|ギリシャ・ヒオス島 PDO 農家の手で集められたマスティハは島の天然湧水でていねいに
水洗いされて、「キオス・マスティハ生産者組合」に集められます。
「キオス・マスティハ生産者組合」でさらに洗浄・選別作業を経て、
原産地呼称保護(PDO)認証マークのついたパッケージに
包装されて世界各国に輸出されます。
(左)ヒオス島「キオス・マスティハ生産者組合」ロゴマークと(右)EUの原産地呼称保護(PDO)マーク
化学薬品や添加物は一切使用されません。

 
 
【ご注意】

現在、日本国内で販売される「マスティック」「マスティック樹脂」と原料表示された商品でありましても、当社が輸入し販売した商品以外につきましては、原産地・食用かどうか・機能性について当社が一切責任を負うものではありません。

ギリシャ・ヒオス島産のマスティハ(マスティック)については、当社にてご購入ください。
 

食品・健康食品・化粧品などの原料にギリシャ・ヒオス島産のマスティハ(マスティック)をご検討の際は、こちらをご覧ください。

 
                         ヒオス島 PDO マスティハ(マスティック)の成分と栄養 マスティハの成分と栄養

 
マスティハ
(英語名:マスティック Chios Gum Mastic)
学 名 Pistachia Lentiscus var.Chia (ウルシ科)
部 位 樹 液
種 類 常緑低木
原産地 ギリシャ・ヒオス島(Chios)・原産地呼称保護(PDO)認定
 
成 分 規 格
マスティック精油 1−3%
マスチカジエノン酸 10−15%
イソマスチカジエノン酸 10−15%
トリテルペン酸・アルデヒド類及びアルコール類 45−55%
ポリβ-ミルセン 20−25%
分析:キオス・マスティハ生産者組合

 
栄 養 成 分 表
たんぱく質 0.20%
脂 質 1.45%
水 分 2.04%
灰 分 0.32%
炭水化物 95.99%
糖 類 <0.8%
分析:キオス・マスティハ生産者組合








 
▲このページのトップへ